2014/07/07

[ web ] まともな人はアメブロを去っていく

カテゴリー:

wordpressを使ってる僕には関係のない話なんですけどね、アメブロが嫌で見限った話を見つけたんですよ。

こうして私はアメブロを見限った。 – 暇なアラサー主婦のひまな話

上の記事では、見限った理由が10個あげられています。しかし、結局、アメブロを辞める理由は次の2つに集約されるんじゃないですかね。

1.ユーザー間のコミュニケーションがウザい
2.広告がウザい

コミュニケーションがウザいというのは、コメントとかチャットとか自慢ブログとかですね。強制的に見せられるor参加させられるんですね。まぁ、これはリアル世界でもよくありますよね。「Line既読無視すんなよ」とか「あの人話しかけてもノリが悪いわ」とか「あのおっさん、飲むといっつも過去の自慢話だよな」とか。自分にとって心地よいコミュニケーションを取捨選択するってのは無理なんで、仕方のないことかもしれません。

ただ、「ユーザー間のコミュニケーションをどれくらい濃くするか薄くするか」はシステムを作る人がちゃんと考えておかなくてはいけませんよね。Line既読とかmixiの足あととかがまさにそうで、こういったシステムによるコミュニケーション上の利便性と弊害をウォッチして対応していかないと、サービスを離れる人が出てくるかもしれません。このブログの人のように。そして、めんどくさい人たちだけが残ってしまう。最悪な展開です。

広告がウザいというのは、ブログに広告が載るとかいうそんな小さな話ではありません。いや、まぁこれも別に小さな話じゃないんですよ。アメブロの広告は、ほんと半端ないくらいに掲載されてるんですよね。普通の無料ブログなら、記事下に1個サイドバーに1個くらいじゃないですかね。しかし、アメブロは記事下に画像広告とテキスト広告が1つずつ、サイドバーに画像サイトが2つ。他にもアメブロ関連のリンクがいろいろつくんですね。こりゃウザいです。

ブログそのものだけでなく、ブログを書くページやブログを読むためのアプリにも広告満載。いたるところに広告がついてくるわけです。収益性を高めないといけないのはわかるけれども。やり過ぎ感があります。

そして、業者の広告ブログですよね。アフィリエイトですか。情報商材ですか。まぁどっちでもいいんですけど、いろんなアメブロにペタペタコメント貼り付けて、自分への広告ブログに呼び込むわけですよね。呼ばれた方はたまったもんじゃないですよね。

広告ブログについては、別にアメブロに限った話ではありません。他の無料ブログサービスでも見られる現象です。いろんなブログサービスでこんなに広告や広告ブログが多くなってしまったのは、「ブログでお小遣い稼ぎ」というのを強調しすぎてしまったことが原因でしょうね。ブログで広告収入を稼ぐなんて相当難しいんですけどね。「日記を書くだけで広告収入ゲット!」とか「商品紹介したらアフィリエイト収入ゲット!」とかって、自分が金を払うときのことを考えたら非現実的だと気付くはずなんだけどなぁ。

「今日のランチはパスタ!」とか「今日はワンちゃんとお散歩!」とかいう中身のない日記と顔隠しまくりの写真をアップしただけで、アクセスもコメントもどんどんやってくるっていうのは、芸能人だけですよ。アメブロだから起こるんじゃないんですよ。何もない一般ピープルが同じことやったって、そりゃ何も起こりませんよ。

ま、そうはいっても、そもそもアメブロは、中身のある長いテキストを書かせる気はないっぽいですけどね。「[web]アメブロは3カラムが一番いいんだろうな」とも関連しますが、結局は芸能人が書いてるような、短い文章と写真という構成で書かせることをよしとしているんでしょう。デフォルトがそういう3カラムのレイアウトだし。

「ユーザー間のコミュニケーションを密にして脱退しないようにしつつ、広告をいろんなところに張り付けまくれば収益出る」とかって考えているんであれば、そのうちワークしなくなっていくでしょうね。ウザさに耐え切れなくなって、まともなユーザーはどんどん離れていくんじゃないですかね。

前の記事:
次の記事: