2014/09/17

2048のおもしろさ、難しさ、攻略法 / Interest, Difficulty, and Strategy of 2048

カテゴリー:

単純だけど難しいゲーム、「2048」がおもしろいですね。時間を忘れていつまでもやってしまうので、セーブしないと危険な状況になってしまいます。少し盛り上がりはおさまってきましたが、まだまだ人気がありますよね。ここでは、この2048というゲームのおもしろさと難しさ、そして、自分なりの攻略法を書いてみたいと思います。

“2048”, the simple and difficult game, is very interesting. Time flies, so I need to put a stop. The boom of “2048” has calmed down, but many people play the game. I will write the interest and the difficulty of the game “2048” and show you my strategy to clear.

ゲーム「2048」のルール / Rule of “2048”

2048というゲームは、githubでソースが公開されていて、たくさんの人が派生版を作っているから、ゲームによって少しずつルールが違うんですよね。まずは、その中で代表的なルールをおさらいしておこうと思います。ゲームのルールは知ってるよ、という人はここは読み飛ばしてください。

The source of the game “2048” is open on github. Many people made lots of the derivative games whose rules are different a little. I explain the main rule of many derivative games. If you know the rule of “2048”, you can skip this section.

2048というゲームは、2048という数字を作り出すのが最終目的です。

ゲームは4×4の16個のマス上で行います。スタート時、画面上に2つの数字があります(上の画像参照)。上下左右のどこかの向きを指定して、数字をその方向に動かします。このとき、同じ数字がぶつかると、2つの数字が統合されて、合計の数になります(つまり、倍になる)。数字を動かしたら、あいてるマスのどこかに新しい数字が出てきます。

The goal of the game “2048” is to make “2048”.

The board has 4 x 4 cells. At first, there are two figures on the board as above. And you move the figures. Direction is up, down, to right, and to left. You can choose one of them. After moving the figures, if one figure hits another and they are the same number, they’re merged to become one figure which is double. And a new figure appears on an empty cell.

上の場合、下に動かせば2つの4は統合されて8になります。

In this situation, if you move down figures, two 4 merge to be 8.

あとは、数字を動かす、統合する、新しい数字が出てくるというのをひたすら繰り返します。下のように2048という数字ができればクリア、すべてのマスに数字が埋まって数字が動かせない(統合できない)状況になればゲームオーバーです。

You repeatedly move like this. You will clear when you can make “2048” as below. The game will be over when all cells are full and you can’t move any figures.

ブラウザでも、スマホのアプリでもニンテンドー3DSでも遊べるのですが、だいたいはこのルールです。僕がみた派生版は、1つのマスに複数の数字が表れるバージョンとか、3つの同じゲームを同時進行で行う、とかですが、オリジナルがシンプルでおもしろいと思います。

新しく出てくる数字は、2が多いですが、4も出てくるゲームや8が出てくるゲームもあります。オリジナルは、2か4が出てくるのだと思います。また、統合できる数字がたくさんあるときに、どう統合されるかはゲームのバージョンによって微妙に違ったりします。まぁ、そこらへんはやりながら見ていくのがいいかと思います。

You can play the game “2048” on the browser, the smart phone application and Nintendo 3DS. The basic rule is like this. Many derivative games have original rules, so I can’t tell you all rules. By knowing the basic rule and playing the derivative game, you will understand the original rules.

ゲーム「2048」のおもしろさ / Interest of “2048”

さて、この2048というゲーム、いったい何がおもしろいんでしょう。

Why is the game “2048” interesting?

おそらく、すごくシンプルなルールなのに、難易度が高い、ということがあると思います。128や256くらいはうまくいけばできるのですが、それ以降になるとなかなかできない。運よく512とかまでいけても、ゲームオーバーになって悔しい思いをするんですよね。もう少しだったのに、と。これがすごく中毒的なんですよね。

The reason is that the game is simple but difficult, I think. You can make 128 or 256 easily, but it is difficult to make the larger number. You come near to the goal, but you can’t clear. So you are addicted to it.

また個人的には、「数字ががっちゃんこされるのが気持ちいい」ってのもあると思います。同じ数字をぶつけると数字が統合されますが、そのときの数字の消え方がいいんですよね。テトリスやぷよぷよなんかもそうですが、モノが消えるってなんかいいですよね。個人的にはゲームには必須の要素なんじゃないかなと思います。

And you feel good when you merge figures. I think it is the good point of the game, too. Like Tetris, to disappear something make us feel good. This point is necessary to the games.

シンプルで、すぐにクリアできそうで、ゴールの近くまで行くのに、できない。これがこのゲームのおもしろさだと思います。

The game is simple, looks easy to clear, and you can come close to the goal but you can’t clear easily. This is interesting about the game.

ゲーム「2048」の難しさ / Difficulty of “2048”

この2048というゲームで、256や512くらいでゲームオーバーになって「惜しいところまで行ったのに」と悔しがる人も多いかと思います。しかし、実は全然惜しくないんですね。512と1024の間にはかなり高い壁があり、さらに2048との間にはさらに高い壁があるんですよね。

On the game “2048”, many people think they come close to the goal when they can make 256 or 512. But, not “close”. There is the great distance between 512 and 1024, and greater between 512 and 2048.

そもそも、2048をどうすればクリアできるか考えてみましょう。クリアできる一歩手前というのは、「1024+1024」となったときですよね。これ以外でクリアする状況はありません。そして、この一歩手前では、下のように「1024が1個、512が2個」という状況になっていないといけません。一応、512が4個あり、次の瞬間でそれぞれぶつかって1024が2個できる、というパターンもありますが、難易度がさらにあがるのでこの状況はとりあえず今は忘れてください。つまり、クリアする2歩手前では、1024と512が2個できてないとダメなんですね。512が1個できたくらいでは、まだまだ長い道のりがあることがわかると思います。

To clear the game “2048”, what do you need? Just before the goal, you will have made “1024 + 1024”. Unless this, you can’t clear. And just before that, you will have made “1024 + 512 + 512” as below. Four “512” is also OK if you can merge two “512 + 512”, but more difficult. So even if you make only one “512”, you have to make many figures. The goal is not close.

この発想を繰り返していくと、2048ができるためには、1024と512と256と128と64と32と16と8と4と2がないといけません。もし64が2個すでにあれば、それより小さいものは不要ですが、それでも64より大きいものは1つずつ必要です。でないと、2048ができません。しかも、ただ作るだけではだめで、統合できるように近い場所にないといけないんですよね。

When you repeat like this, you must make “1024 + 512 + 256 + 128 + 64 + 32 + 16 + 8 + 4 + 2”. If you have two “64”, you don’t need from 32 to 2 but you need from 128 to 1024. And more, the figures must be close each other to merge easily.

大きい数字を一つずつ作る、しかも、統合できる近い場所で作る。そして、マスはそもそも16個しかない。大きい数字を狙えば狙うほど、難易度は飛躍的に上がっていくんですね。このことを理解しておかないと、「あと少しだ」と思ってたら実は全然遠かった、ということが起こってしまい、同じようなところをぐるぐると歩き回る羽目になります。

You must make each large figure which are close each other. And you have only 16 cells. The larger figure you try to make, the harder you clear the game. If you don’t know this, you will mistake how close the goal is. You will do the same mistake again and again.

ゲーム「2048」の攻略法 / Strategy of “2048”

じゃあ、2048はどうやって攻略すればいいんだ、って話になりますが、上で書いたように、1024以下を1つずつ、しかも近い場所でつながるように作る、というのがポイントです。理想を言えば、次のような状況になっていればクリアできます。

So, how do we clear the game “2048”? As I said before, the point is that you make from 1024 to 2 which are close each other to merge. The situation like below is ideal.

つなげる必要はないのですが、間に邪魔な数字が入るとクリアしにくくなるので、つなげておいた方がいいです。では、どうすればこのような形に持っていけるか、を考えてみます。

The figures don’t have to be next. But if there is a bad figure between them, it is more difficult to clear, so the figures should be next. So, the next question is “how do we make like this?”

最大の数字を片隅に作る / Make largest number at corner

まずは、最大の数字を片隅に作るようにしましょう。僕は左下に作るのがしっくりくるので、以下でも左下に作る前提で説明していきます。

At first you should make the largest number at the corner. I like the bottom left corner, so I explain on the assumption that I make it there.

2048を作るということは、上でも見たように1024を作るということでもあり、そのためには512を作るということでもあるわけです。適当に作っていくと大きな数字が分散され、最後には結合しにくくなります。なので、はじめから場所を決めて個々の数字を大きくしていくぞ、と決めておいた方がいいんですね。

As I said before, you must make 1024 for 2048, and make 512 for 1024. If you go ahead with no strategy, the large numbers will be scattered and be hard to merge. So you should decide where you make the largest number.

大きい数字がある行を固定する / Fix row which has the largest number

先ほども書いた通り、大きい数字は片隅に作るのがいいんですが、それだと少し問題が起こるんですよね。

I said that you should make the largest number at the corner. But it has a problem.

それは、左と下にしか移動できない、という問題です。

You move figures only to left and to bottom.

これはすごく不便なので、とりあえず一番下の行をなんでもいいから4つの数字で埋めます。こうすると右への移動が可能になります。もちろん、一番左の列を4つの数字で埋めてもいいです。要は3方向使えるようにしましょう、ということです。こうすれば、大きい数字を片隅に固定したまま、他の数字を動かすことができます。

This is very inconvenient, so you will fill figures in the bottom row. After that you will be able to move them to right. Of course, you may fill figures in the left column. You will use the three directs. You can move other figures with the largest number fixed at the corner.

大きい数字を並び順に育てていく / Make large figures in order

上から統合させたり、右から統合させたりして、どんどん左下にある数字を育てていきます。このとき、左から2番目、3番目、4番目も順番に大きい数字にしておく必要があります。

By merging from above or from right, you make the largest figure at the bottom left cell. At this point, you should make large figures in order in the bottom row.

例えば、左下が512で、256、128、64と並んでいたとします。この時、右下に別の64をぶつければ、1024を簡単に作ることができるのがわかります。1行目から3行目までで64を作りますが、4行目と同じように右下に大きな数字を作る、という方針で作っていきましょう。もちろん、64くらいだったら適当にやってたらできるかもしれないので、それでもいいです。しかし、1番下の行だけは、ちゃんと作っておかないとクリアできなくなります。

Let’s suppose that you make 512, 256, 128 and 64 in the bottom row. When you merge 64 and another 64, you can make 1024 easily. You make 64 in from 1st to 3rd line. You should make 64 at the right cell in the 3rd line like the bottom left corner. You may be able to make 64 with no strategy because it is small. It is OK, but you should make them in order in the bottom row because it is difficult to make the large number.

もし、左下が512で、64、256、128と並んでいたとしましょう。新しく64ができたとしても、それを64にぶつけるのはめんどうだし、ぶつけられてもそのあとに128にぶつけるのはさらに大変です。仮に新しく256ができたとしても、それを512にして1024にするには他の数字が邪魔で、相当手数が必要になります。しかし、手数が増えると新規にできる数字が増え、しかも既存の数字もたくさんあるので、すぐに身動きが取れなくなってしまいます。

If you make 512, 64, 256 and 128 in the bottom line, it is not easy to merge. When you make another 64, it is difficult to merge two 64. It is more difficult to merge two 128 after that. Other figures are the interruption to merge. You need to move many times, but many moves cause many new figures. You will have no way soon.

なので、大きい順に育てていくのがポイントになります。

So it is important to make large figures in order.

まとめ / End

2048のおもしろさ、難しさ、攻略法について書いてみました。攻略法は、これを使えば絶対にできる、というものではないですが、だいぶクリアに近づくと思います。適当にやっていていつも同じようなところでつまづく人にはいいきっかけになると思います。ハマり過ぎに注意して遊びましょう!

I wrote the interest, the difficulty, and the strategy of the game “2048”. The strategy doesn’t ensure to clear the game, but you will go “close” to the goal. It gives hints to those who don’t have any strategies and can’t make larger figures. Enjoy the game “2048”, but don’t be immersed in the game “2048” too much.

前の記事:
次の記事: