2014/08/14

PHPUnit・スケルトンジェネレータのインストールでつまづいたメモ

カテゴリー:
タグ:

PHPUnitを使うまでのところで、結構つまづいたのでメモ。

前提ですが、windows7、xampp1.8.3を使っていて、NetBeans8.0でPHPUnitを使おうとしていました。

スケルトン・ジェネレータのインストール法を探す

NetBenasでPHPUnitを使おうとしていて、そもそも公式の「PHPUnitとSeleniumを使用したテスト」を見ていました。そこでは、PHPUnitとスケルトン・ジェネレータをpearを使ってインストールするように書かれていました。

が、NetBeansのツール⇒オプション⇒フレームワークおよびツール⇒PHPUnit をみると、すでにPHPUnitスクリプトのところに、パスが設定されていました。実際、ファイルもあったので、xamppのインストールの時に一緒についてきていたんだと思います。しかし、スケルトン・ジェネレータはありませんでした。

そこで、ダウンロードしようとしたのですが、上の公式サイトからリンクをたどってもたどりつけず、まずここではまりました。で、いろいろさまよっていたら、「PHPUnit マニュアル – 第16章 雛形ジェネレータ」を見つけました。やってることは雛形ジェネレータですが、スケルトンジェネレータと名前が違っていたので探すの大変でした。

スケルトン・ジェネレータのインストールをする

で、次のようにインストールしようとしたのですが。

pear install phpunit/PHPUnit_SkeletonGenerator

チャネルがないと言われて怒られました。で、pearのマニュアル「Manual :: チャネルの使用法」を見たら対応方法を書いていました。

pear channel-discover pear.phpunit.de

で、他にも必要なチャネルがあったので、つどつど登録しました。これでようやく行けるかなと思ったのですが、次のようなエラーが出ました。

ERROR: failed to mkdir C:\php\pear\docs\Text_Template
ERROR: failed to mkdir C:\php\pear\data\Base\design
ERROR: failed to mkdir C:\php\pear\data\ConsoleTools\design
ERROR: failed to mkdir C:\php\pear\docs\PHPUnit_SkeletonGenerator

うーむ、xamppを使っているから、phpの場所がそもそも違うんだけど、これはどうしたらいいんだろうと、いろいろ調べていたら、とても参考になるサイトがありました。それが「社内SEに転職した人のブログ: window7(64bit)・xamppでpearを実行するメモ」。環境設定をごにょごにょするのかと思っていたのですが、pearのconfigを変えるんですね。これで、上で作ろうとしていたフォルダができて、無事インストールができました。

NetBeansのツール⇒オプション⇒フレームワークおよびツール⇒PHPUnitのスケルトンジェネレータスクリプトの「検索」ボタンを押してみると、今までは何もなかったけど、インストール後は「phpunit-skelgen」が選べるようになっていました。めでたしめでたし。

前の記事:
次の記事: